名古屋市千種区東山通の内科・消化器内科・糖尿病・健康診断 ながい消化器内科クリニック

名古屋市千種区東山通の内科・消化器内科・糖尿病・健康診断
 ながい消化器内科クリニック

〒464-0807 名古屋市千種区東山通1丁目16
TEL 052-781-2371
▲Mobile Site 
トップページ»  胃カメラ検査・内視鏡検査のご案内

胃カメラ検査・内視鏡検査のご案内

胃カメラ検査のご案内

胃カメラ検査のご案内
 
A 検査が午前中の場合は、検査前日午後9時以降は絶食で来院してください。午後の場合は、検査当日の朝食は軽い物で済ませ、昼食は抜きとしてください。真水は観察の妨げになりませんので、少量の飲水は構いません。
B アスピリンなど血液を固まりにくくする薬剤を服用中の方は、病理検査ができませんので、予めお知らせください。
C 胃の動きを止めるために注射しますが、前立腺肥大症、緑内障、頻脈性不整脈のある方は、注射薬を変更します。これらの疾患のある方は、前もってお申し出ください。
D 前処置として消泡剤を服用してから、咽頭麻酔を行ないます。局所麻酔剤に過敏症のある方は前もってお申し出ください。
E 「胃カメラ検査は苦しいものだ」という先入観を捨てて、ベッド上では全身の力を抜いて、リラックスして検査を受けてください。検査医との「あうんの呼吸」が大切です。
F 検査が終了しましたら、直ちにポラロイド写真で結果を説明します。
G 鎮静剤を投与した場合は、検査後しばらく休んでから帰宅していただきます。注射薬の影響で注意力散漫になったり、眩しくなったりすることがあります。検査後には絶対に車を運転しないでください。検査当日はタクシーや公共交通機関を御利用ください。
H 検査後約1時間は飲食しないでください。喉の違和感が取れたら、まず少量の水を飲んでみてください。むせなければ大丈夫です。
I 組織を採取した場合は多少出血しますが、ほとんどの場合数分で自然に止血します。念のために次の食事は水分のみとしてください。検査後に何か異常があれば、遠慮なく御連絡ください。

 

経鼻上部消化管内視鏡 行っております!

経鼻上部消化管内視鏡 行っております!

苦痛が少ない内視鏡検査を目指し
H20年3月から実施しております。
お気軽に検査を受けてください。

ながい消化器内科クリニック TEL:052-781-2371
 

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。
 

苦痛が少ない
内視鏡は、 鼻にスムーズに挿入できる、約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。
 

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。
 

吐き気が起きにくい
内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります。

会話ができる
検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話できるので安心です。